月別アーカイブ: 2020年9月

ストレスには、自然治癒力を高めましょう!

ストレスとは、圧迫とか、緊張を意味することばですね。医学的には、生体内の歪み
の状態を意味します。
外から加わる有害な事柄、それによって生じる防衛反応。これらの両方を合わせてス
トレスといいます。
この外から加わる有害因子は、原因は様々で、はっきりしているものとそうでなく自
覚のないものとあります。災害や、事故、人間関係、ケンカしたなどはわかりやすい
ですね。それによって不安やイライラ、気分の落ち込み不眠といったストレス反応が
起きた場合、本人も周りもストレスのせいだと判断できます。しかし、中にはみえな
いストレスもあります。例えば今なら、コロナに対する不安やおそれなどや、気候の
変化、また異常気象も含め見えないストレスになっているとも言えるでしょう。

ストレスという概念は、カナダの生理学者、ハンス・セリエ(1907〜82)が提
唱されたといわれています。
ストレスに伴う心身の機能変化を下垂体→副腎皮質系の反応をとして説明されたので
す。

生体にストレスが加わると、脳の下垂体が副腎皮質を刺激しホルモンが分泌されます


この下垂体が副腎皮質を刺激してホルモンを分泌する反応には三つの段階があります

?警告反応期?抵抗期?ヒはい期

抵抗期には抵抗力が高まり安定した状態になります。この間にストレスの解消をはか
ればよいのですが知らないうちにストレスを蓄積させてしまいます。なのでそうなら
ないように、またそうなったにしても、経絡の流れをスムーズにすることが大切にな
ります。
ストレスが長く続くと生体の能力が疲れきって適応力を失ってしまうのです。
抵抗期のうちにストレスを解消したいものです。それにはやはり、鍼灸がよいと思い
ます。鍼灸は自然治癒力を高めます。ストレスに打ち勝つ心身をつくるには自然治癒
力をつけることが一番だと思います。もちろん、おいしいものを食べたり心をときめ
かせたりすることもよいでしょうけど(笑み)

鍼灸で自然治癒を高める煮にはどうするのか。

経絡は、肺→大腸→胃→脾→心→小腸→膀胱→腎→心包→三焦→胆→肝 の順序で全
身をめぐ
っています。これらのどこかが滞るとからだの不調になります。なので、まず、なん
の症状病気でも、この流れをよくする治療をおこないます。
その治療というのが、肝、脾、腎、三焦にアプローチします。そうすると全身に影響
を及ぼすことができます。具体的には、背部にあるツボ(背部兪穴)背骨の横のツボ
です。これは、太極治療の考え方の一端です。

背骨の周りが柔らかくなるとからだはらくになりますよね。ストレスも軽くなるはず
です。この頃、イライラしたり、不機嫌になったりすることが多くなったと感じたら
、知らないうちにストレスがたまっているのかもしれません。ぜひ、背中を緩めてみ
てはいかがでしょうか。自然治癒力も高まります。自然治癒力を高めるということは
、自らのエネルギーを高めるということにもなります。自らのエネルギーが高まれば
周りにもよい影響を与えることにもなります。
ぜひ、ストレス軽減にも、鍼灸をお勧めします。

ツボと自律神経

ツボ とはなにか?「ああ、そこそこ」という所。話のツボとか、笑いのツボ、ツボ
に入ったなどなど。いろいろと使われますね。

ヒトのからだにおけるツボとは、中国医学における経絡上にあるポイント(経絡外に
もあります)です。そのポイント(ツボ)を鍼や指などで刺激をすることによってか
らだの不快な症状や筋肉などをゆるめ疾病を改善させる場所です。

この経絡上のツボはすべて内臓、五臓六腑(中国医学的には六臓六腑)に通じている
といわれます。
内臓はそもそもすべて自律神経の支配を受けて働いています。自分の意思とは関係な
く。
つまり、鍼灸や治療的におこなうあんまやマッサージ 指圧は、自律神経の働きをよ
くして不調や病気の改善のためになるということです。

鍼が皮膚に触れただけで、お腹が動きゴロゴロ、音がしだすということは日常よく遭
遇することです。ツボはおもしろいですよ。

自律神経の乱れ

そもそも自律神経の働きとは?
人はなぜ、眠っている間も、意識をしないでも呼吸が続いているのでしょうか。これ
が自律神経の働きによるものです。簡単に言えば、内臓器官のすべて特に血管をコン
トロールしている神経です。交感神経と副交感神経の二つでお互いがバランスをとっ
て生体の働きをコントロールしています。つまりお互いが相反する働きをしています


そんな自律神経が乱れると、めまい、肩こり、頭痛、頭が重い、手足のしびれや痛み
、手足が冷える、動悸、下痢、便秘、胃がおかしい、眠れない、などなどこれらは、
自律神経の乱れからくるものであるといえます。

なぜ、自律神経の働きが乱れるのでしょうか。自律神経は、からだが最適な状態に保
つために働きます。オートマチックで。
例えば、からだが熱いため汗をかいてからだを冷やしたり、運動時に心臓の鼓動を早
くして筋肉に大量の血液を送る、食後に胃腸の働きを活発にする、ホルモンの分泌を
コントロールするなどなど、様々な重要な働きをつかさどっています。
自律神経のバランスが乱れると、安静にしているのに血圧が上がったり、心臓の鼓動
が激しくなったり、胃腸の具合がよくない、突然からだがほてるなどといった多くの
不快な症状が起きます。症状は、その人の弱い部分に現れやすく、おなかの弱い人に
は腹痛や下痢など、肩が凝りやすい人には頑固な肩こりとして現れます。いくつもの
症状がかわるがわる現れたり、同時に重なることもあります。

自律神経が乱れる直接的原因の特定はできませんが、間接的には、ストレスや、生活
習慣、ライフスタイルの乱れが影響していることが多くあります。

例えば、緊張したときにトイレが近くなったり、汗をかいたり、手が冷たくなったり
等はよくあることです。悩むと食欲がなくなったり、眠れなくくなったりします。睡
眠不足が続いてめまいが起こったりすることがないでしょうか。そのようなことが長
く続くとからだが耐えられる限界を超えてしまいます。その結果自律神経やホルモン
バランスに悪影響が及び不快な症状が現れ物事が思うように進まないといった焦りや
不安が新たなストレスとなってさらに症状を悪化させるという悪循環が起こります。
ひとつひとつの原因は細かなことでもそれがいくつも重なれば大きな負担となります
。こうして不安や焦りも手伝い、からだだけでなく精神的な負担にも及びます。心の
病にもつながってくるわけです。

このような症状を鍼灸で改善させていくことはとてもよいと思います。からだがらく
になれば気持ちも楽になり元気がもどって来ると思います。

足がだるい

最大級の台風が次々にやってきます。この時期、暑さや低気圧などなどで血管やリン
パ管などなどが拡張つまり広がってむくみが起こり、足が重くだるくなります。まあ
、足だけには限らないのですが。特に下肢、からだの下にあるので太く重たくなりま
す。
これを解消するには、足を動かすとよいのでしょうが、血管リンパ管が広がっている
ときは、きつくてそんな気にはなりませんよね。
そこで、鍼は、気を動かすので試されてはと。
なので、足はもとより、原因になる腰、背中臀部、首、頭などなどのツボに鍼をして
からだの元気をチャージしてみられませんか。

元気、やる気などなどエネルギーがチャージされると思います。(笑み)