月別アーカイブ: 2018年1月

薬物と鍼灸は効かせ方が違う?

先日、パーキンソンの方の治療をさせていただきました。これにも以前書いたことが
ありますが、はりを刺すと気持ちがよくなり、リラックスされます。もちろん震顫(
ふるえ)もおさまります。しかし、施術が終わった後が、施術前に飲んだ薬の効きが
悪いような気がするとおっしゃいました。
それはなぜかというと、薬と鍼灸は、きかせ方が違うということです。なので、くす
りはすぐに効きますが30分ほど?しかし、鍼灸の刺激は全身の気血の疎通よくして
分泌を促しますので時間がかかります。治療直後はむしろだるさも覚えるかもしでま
せん。しかし、心配はいりません。翌日は調子がよかったりします。長い目でみれば
体調がよくなってくるはずです。ですから、薬の量が増えていくのを抑えることがで
きるでしょう。

新年明けましておめでとうございます!

昨年中はとてもお世話になりありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い
いたします。
昨年以上に皆様のお役に立てるよう努力してまいります。そして喜んで満足していた
だけるよう日々精進していきますのでどうかよろしくお願いいたします!

因みに、私はこの年末年始は、生まれ育った東京に帰って来ました。やはり故郷は、
懐かしく心にくるものがあります。がやはり、非日常から日常に戻り普段の日常がと
ても幸せに感じます。皆様の治療をしているときが一番気持ちが落ち着きます。とい
うわけで心機一転また始めておりますので皆様の起こしをお待ちしております!