日別アーカイブ: 2017年10月4日

気の働きと気分

10月に入りとてもよい季節になりました。スポーツの秋、食欲の秋などなど。

がしかし、からだを動かさなくてはと思っても、いざとなると動かしたくない、歩く
のはきついなど・・。頭で思っていることと、気持ち気分とが合わないのです。やは
りこの場合も、気の動きが鈍いのです。
東洋医学の基本的概念のひとつに気血水というのがあります。中でも気の働きは大切
なものです。この気とは、いろんな説明のしかたがありますが、自律神経にも相当す
るシステムで生命活動全般を統括するものです。つまりこの自立神経がバランスよく
働いていないと気のめぐりも悪く、からだのいろんな不調にもつながります。

初めて来院された患者さんでも、治療後は、からだが軽くなり、山歩きをしてみたく
なりましたと、いわれて帰られる方もいらっしゃいます。ソノ調子で、鍼を続けられ
れば外に出てからだを動かそうという気になります。だんだん体質が変わってくるの
です。
運動不足の方は、特に背中や下半身のつぼへの刺激は気血水の流れをよくしてその気
にさせてくれます(笑み)。それに伴って、便秘などそのほかの不調も改善されてき
ますよ。ぜひ、鍼灸治療をお試しください!