月別アーカイブ: 2017年5月

頸椎症

今日は、腕がしびれ、背中に棒が入ったような感じがするという方がおみえになりま
した。昨日は整形外科を受診されたそうですがシップをもらって帰ってこられたそう
ですが症状は変わらなかったそうです。そこで当院に来院されました。
そこで身体を診ると、性格には触ってみると、皮膚がパチッと張って緊張していまし
た。そして、横になってもらい、細いハリの先端が、皮膚に接触させるともうもうそ
れだけで、皮膚の緊張がとれ表面が緩んで来ました。「しびれもなくどうもナイ」ト
言われるようになりました。上半身の気血の疎通がよくなったということでしょう。
そして全身をめぐっている気血水の流れがスムーズになったということです。
まあ、全てのものがすぐによくなるということばかりはありませんが、病院でなかな
かよくならないものは、一度鍼灸を受けてみるということは価値があると思いますよ
。私は、細い鍼で静かに始めは行いますので刺激が強すぎてしすぎることはないよう
にしています。自律神経に作用させるためには無理なことはせずやさしくしたほうが
効果的だと考えていますので。ぜひ一度、筑紫野市二日市の藤崎針療院へどうぞ!

 熱くなりました。

急に熱くなっては身体も気持ちもついていきませんね。しかし、だんだんなれていき
ますよね。なれていかなければ生きていけませんので(笑み)慣れるということがとて
も大事なのです。
2000年以上前の古代から気候にそった生活をすることを言っています。四時(四
季)にそえないと病気になると教えています。そうです。四季にあわせた治療をする
のが鍼灸です。身体つまり筋肉、血管をはじめとするからだ全てと心(精神)を柔らか
くするお手伝いをするのが鍼灸です。ぜひ一度、筑紫野市二日市の藤崎針療院へ!

呼吸

自律神経は、自分では意識することなく人の身体の生命活動を営んでくれている大事
な神経です。主に内臓いわゆる五臓六腑に分布しています。ですから当然意識して働
いてはいませんね。しかし、呼吸だけは意識してコントロールすることができます。
吸うときは活動モードに(交感神経)、はくときはお休みモード(副交感神経)に働きま
す。
深呼吸をして見ませんか。お腹(おへその下)で。現代人はストレスの中で、呼吸が浅
くなっていることが多いようです。呼吸を意識することは、自律神経の調節にもなり
ますし、気持ちも落ち着きますよね。でも、わかっていてもなかなかうまくできなか
ったり、することを忘れたり・・。
鍼灸の、つぼへの刺激は、自律神経の調節は最も得意とするところです。最近は、マ
インドフルネスとか呼吸方などをよく耳にします・・。自律神経の症状は気分の落ち
込みばかりでなく多岐にわたる身体症状を引き起こします。そんな中一度、3000
年以上前から伝統的に受け継がれてきたつぼ治療を受けてみませんか。
お気軽に、筑紫野市、二日市の藤崎針療院へお電話ください!

腰、背骨、足腰が土台。

薫風ただよう5月も残り少なくなりましたが、これから来る梅雨に入る前の貴重なひ
と時を大いにたのしみたいものですね。
ただ、怪我にはご用心(笑み)
年を重ねると特に、室内でも簡単に骨折することがありますよね。ぎっくり腰だと思
っていたところ腰椎圧迫骨折だったという方がいました。元気なときは想像できませ
んが、寝返りを打ったり身体の向きを変えるだけでもかなり大変ですよね。
やっぱり、人間は、背骨が一本とおってなければとかバックボーンが大切とかよくい
われますが本とですよね。現代医学的にも脊髄神経(背骨の中に通っている)が全身へ
送られていますし、古典(中国2000年以上前の文献)にも足腰が土台でその上に載
っている背骨の大事だという意味のことがあります。
なので、若い方も、スポーツ、仕事等で疲れをためると故障が起こりやすくなります
ので足腰背骨(背筋)のケアを!それには、鍼灸が効果的です。
ぜひ一度、筑紫野市二日市の藤崎針療院へお気軽にご連絡ください!

ブログページを公開しました

facebook_face.jpg

ブログページを公開しました。