カテゴリー別アーカイブ: 日記

二日市の西鉄通りに移転しています!

新型コロナのことで明るいことの少ない毎日ですが、当院は年明けより現在の場所
筑紫野市二日市中央4−15−8に(西鉄通り)に移転しました。
電話 092−928−0202 
 携帯 090−8833−2091(以前と同じです) 

患者さんの状態にも合わせて鍼灸と手技(マッサージ、つぼの指圧、あんま)もおり
まぜて施術を行っております。もちろんマッサージだけでもOKです。
東洋医学のツボにアプローチして、健康な心身をとりもどし、自然治癒力を獲得すべ
く治療いたしております。ぜひ、お気軽にお寄りいただければと思っています!

筑紫野市のプレミアム付き商品券!(2020年2月29日土曜まで)当院でもご利用になれます!

 関東方面を襲った今回の台風の爪痕のニュースを聞くたびに心が痛みます。幸い福
岡は今回は直接には被害はありませんでしたが、当院は、この夏雨の被害にあい、他
人ごとではありませんでした。

さて、今月10月〜2020年2月29日までの間、筑紫野市のプレミアム付き商品
券が当院でもご使用いただけますのでどうぞご利用くださいませ。
よろしくお願いいたします!

 鍼治療をされたことのない方、初めての方、病院の治療検査だけでなくなにか治療
を初めて見られたい方などなど、これを機会にぜひお越しになられたらいかがでしょ
うか。

小さな秋を感じるようになりました!

今朝の風は涼しさを感じるものでした。このお盆の台風が過ぎてからはかすかではあ
りますが、朝晩の風が涼しくなってきていることを感じますね。

気候は、秋雨前線と真夏の高気圧が戦っている状態だとか。
自然と一体のこの身は、多少ならずともこの気象に影響されるものと思います。
夏バテなどもこの時期から多くなりますね。かすかでも涼しさを感じるようになると
ほっとして疲れがどっと出るとか・・。昼間はまだ真夏の暑さなので自律神経のバラ
ンスを崩すのではないかと・・。

春先の季節の変わり目も自律神経の調子を乱す人が増えます。あの頃は、冬の寒さと
春の陽気が戦って少しずつ季節を進めていくものです。体調を崩すのはこの季節の変
わり目ですね。自律神経のバランスを整えて夏バテをすることなく元気で乗り越えて
いくために鍼灸をするということも一つの方法ではないかと思います。

ぜひ、お試しになってみてはいかがでしょうか

夏期のお休みについて。

猛暑日と夕方の急な雷雨、そして台風。この激しい気象。体調はいかがでしょうか。

夏期のお休みは、8月13日(火)14日(水)の二日間です。その他は平常通りで
す。ちなみに12日の振替休日は当院は開けております。お気軽にご連絡ください。

090−8833−2091

どうぞよろしくお願いいたします!

連休中の営業予定

10連休中は、5月1日と、5月4日から6日までのお休みとさせていただきます。
その他は開けておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

頑張りすぎると背中が硬くなるのに気づきます。

最近、首が痛い肩がこるという方の背中を見ると皆さん、背中の凝っている人が多い
のに気づきます。背骨の両サイドの大きな筋肉。
がんばる人ほど背中が硬くなるようです。背中の筋肉が柔らかく緩むとからだは楽に
なります。からだ全体が。ヒイテハ、首肩の症状も、足腰の症状も。
なので、なんの病気でも、なんの症状でも。もちろん自律神経の症状にもです。
ですから、最終的にどれだけ背中を柔らかくできるかを考えて治療をしてます。

さあ、ほっと力を抜いて背中を伸ばしてみませんか(笑み)
はりは、心もからだもやわらげるお手伝いをしますよ。

「腑に落ちる」ということ

「腑に落ちる」ということばはしばしば日常何気なく使いますが、なるほど・・東洋
医学にも通じていると。

 物事を理解するだけなら頭でよいのですが、本当に納得するにはやはり頭だけでは
なくお腹に落とさなければ、本当にわかったということにはならないのだと。
お腹が大事なのです。お腹に力を入れないと何事もうまくいきまセン。お腹に力が正
しく入らないと上半身のリラックスもできずぱほーマンすの質もよくなりません・・

お腹とは、臍下タンデンのこと、下腹のこと。五臓六腑のつまっているところ。この
臓腑に気を落としたとき納得もできるものだということです。

頭だけでわかったと思うのでなくお腹に落とし入れたいものです。
東洋医学では、自然治癒を高めるにはこのお腹が重要なかぎを握っているようです。
私も、お腹を暖めて力がつくような治療をしていきたいと考えています。
お腹に力が入るようになれば、背中も腰も伸びるようになり若々しくすべての生命活
動が活性化されていくと思います。そして自然治癒力が高まっていきます。

というわけで、今年一年ありがとうゴザイマシタ!
来年もまたよろしくお願いします。

ぼちぼちでも目標を持って!

 最近治療をしていく中で感じるのですが、
鍼灸をはじめとする東洋医学の治療は、続けることが大事なかぎを握っていると思い
ます。ぼちぼちでいいのです。

 特に慢性的な疾患、うつ病のような心の病など・・。
ただ単にそのときの症状だけに一喜一憂し、治療をあきらめてしまってはせっかくの
それまでの治療により長期的にみれば改善されてきているのに今あきらめたりやはり
こんなものかと中断してしまってはまたもとに戻ってしまいます。そういうのをみれ
ば残念でなりません。
もちろん、短期間で結果の出るものもありますが。

 一般的に長い経過のものは回復させるにはそれ相応の時間がかかると思います。
その辺をちょっと心の片隅におかれてはいかがでしょうか(笑み)

 何事も、「継続ハ力なり」と・・。何事も三日坊主では・・。ウォーキングも、ジ
ョギングも、筋トレも続けないと効果は出ませんよね(笑み)

 私もぼちぼちでも根気欲治療を続けていきたいと思います。

自然治癒力

私たちは、生まれながらにして自然治癒力を持っているといわれています。自然治癒
力というのは文字通り自分の力で病を癒し治す自然の力、とされています。
失われたからだのバランス、調和を取り戻そうとするはたらきです。
ですから、病気になるということはどこか日常生活の上で何か不自然なところがあり
バランスが崩れているということです。
このバランスを整えて自らが持っている治す力を引き出させるのが鍼灸治療です。
実にシンプルでありますが、それがゆえに応用無限です。そこが鍼灸のおもしろいと
ころです。

久しぶりに

今日は、雨も時々降り、少し冷機を感じる季節になってきました。
この夏前の梅雨末期の7月には当院も床上浸水に見舞われ非難をしなければならなく
なり大変なことになりいろんな体験をしましたが・・。初めて、指定の避難所に行き
一番お世話になりました。
ようやく、身の回りもふくめ落ち着きました。また、ときどきここにも書かせていた
だきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。