鍼灸で健康管理→コロナ感染予防

Facebookでシェア

昨今、コロナはもちろん、天候不順もあり、なかなか安心のできないご時世になって
いますね。新型コロナのワクチン接種も進んできているとはいえ、今朝の報道などで
は集団免疫の獲得も難しくなってきているとのこと。ウイルスの変異が進んできてい
るために。
つまり、ワクチンを接種してもリスク、接種しなくてもリスクというのが現状であり
ます。

そこで、新型コロナに感染しないためにはどうすればよいのか、それは自らの健康管
理に尽きるということになります。最も基本的なことです。シンプルなことですね。

健康に過ごすということに大切なのは、気 動 食 といわれています。
気とは、気持ちとてもの持ちわけです。
動とは、動きつまり、適度にからだを動かすということ、からだを動かすということ
で気血の疎通をよくするということです。
食とは、毎日の食事です。規則正しく適度の量でよい食材をとります。


とはいっても、からだがきつかったり、気持ちが重かったり、さえなかったりすると
ご飯もおいしくなく、動きたくもなくなりますよね。これでは免疫力も上がりません

そんな時が鍼灸の出番です。