がんばりすぎは→からだも心もかたくなりますよ

Facebookでシェア

私は、毎日、からだをいかに柔らかくするかを考えています。柔らかくするにはどう
すればよいか。ストレッチ、体操、呼吸法、それに食べ物などなどさまざまなものが
ありますが、どれをするにもあまり必死になったり、ひとつのものにこだわって偏る
と柔らかくすることはできませんよね。何事もむきになったり義務感でおこなったり
、生真面目になりすぎると緊張ストレスが先にたち気持ちもからだもかたくなってし
まいます。それでは疲れてしまい柔らかくする効果を出すことはできませんね。何事
も、あまりひとつのことにむきになり過ぎないほうがよいと思います。がんばり過ぎ
ないということ。力を抜く、脱力する。

しかし、それが難しいのです。過緊張つまり緊張は痛みを起こします。病気や神経痛
でもないのに痛むときはがんばりすぎているのかもしれません。そんな時、静かにて
いねいな鍼をすると筋肉が緩みます。そうすると痛みが楽になり、気分も和らぎます
。そうすると今度は、からだを動かしてみたくなりますよ。ぜひ、鍼を試してみてく
ださい!