健康は脚から

Facebookでシェア

あしも、年月とともに劣化していきます。人生100年の時代、いつまでも自分の足
で歩きたいものです。普段、意外とあしを気にすることは少ないです。何らかの痛み
を感じたまま歩き続けると思わぬことに陥ることがあります。足に痛みが出たら異変
がないか観察したいです。
●足が冷たい、冷える。  
●数百メートル歩くとふくらはぎが痛くなって立ち止る。しばらく休むと歩けるよう
になる。
●じっとしていても足が痛い。
●足の指が黒くなる。また、水虫から敗血症になることもある。などなど。これらの
ことがあれば注意が必要です。
世界中では、20秒に一本、糖尿病のヒトが足を切られているといわれているそうで
す。また、足の切断とその後の寿命に関係があるという説もあるそうです。命を守る
ためにも足に気を配ることが必要です。足を大切にするということは、適度に動かし
、血流をよくして、筋肉、骨、皮膚などなど機能を健全に維持していきたいものです


●今日のポイント
日ごろから、ウォーキングなど自分にあった方法で足を動かして健やかにいきたいも
のです。足を動かせば、頭はリラックスしますよ。そして、鍼で、気血水の流れをよ
くしておけば何事もスムーズに流れるでしょう。