更年期→適度な刺激で生き生きと!筋肉を使って!

Facebookでシェア

男性更年期障害の予防にはテストステロンを増やすことが大切といわれています。
男性ホルモンであるテストステロンは、副腎や、精巣で造られているといわれてきま
した、が筋肉でも造られているということがわかってきたそうです。
ですから、適度に気持ちのよい運動はホルモン分泌にとても役立つことになります。
若々しく元気を保てるということ。
テストステロンは別名冒険ホルモンともいわれ挑戦を好むヒト、刺激が好きなヒトは
テストステロンの値を高くキープできるともいえるわけでしょう。
一方で、脂肪の多い食事を取りすぎたり、睡眠不測は、テストステロンを減少させる
そうです。
中高年を迎えても、筋肉を使ってテストステロンを維持することでいつまでも生き生
きとすごしたいものです。

●今日のポイント→さまざまな刺激を受けることはとてもからだのためになります。
鍼灸の刺激もからだにはとても有効です。