熱中症の予防には→汗をかくことも

Facebookでシェア

今日も梅雨が明けたかのようなせみの鳴き声と日ざし。熱中症の季節になりました。
最近は外での活動中だけでなく室内でも起こることがあります。重症化するといのち
を落とすこともありますので注意が必要となります。

ヒトの内部の温度は37度くらいに維持されています。熱くなると、末梢血管が拡張
して血流が増えてからだの内部の熱を排出しようとします。とともに、汗をかいて体
表から熱を奪いながら蒸発し熱を下げます。しかし、何かの原因でこの働きが妨げら
れると熱中症となります。するとからだの内部の温度が上がります。

この原因として、まず環境。外気とからだの内部の温度の差が少なくなることです。
これには、気温の上昇や直射日光や道路の照り返しなどの輻射熱など。また、湿度が
高い、風邪がないとかで汗が蒸発しにくくなります。脱水症状も一因です。体内の水
分が減り脱水を起こすと汗がかけなくなり体の内部の温度が下がらなくなります。
また血液量も減り、末梢血管からも熱を排出することもできなくなります。さらに、
血流不足となると心臓の働きも弱くなり、全身の血液循環も悪くなります。こうして
熱中症の症状が起こります。
つまり簡単にいえば、熱が体内にこもり外に発散することができない状態のことです
ね。

ですから、日ごろから、ウオーキングやジョギング、山歩きなど、からだを動かすよ
う心がけ、汗をかき汗腺を増やしておくようにしておきたいですね。この季節の夏野
菜も食べて。夏の野菜はからだを涼しくしてくれます。まあ、この季節に限らず大事
なのは「気 動 食」を心がけておけばどの季節にも対応できる柔らかな身心となる
ことができるでしょう。「気 動 食」は養生の根本です。鍼灸もお手伝いできます
。どうぞお気軽におこしください!